バードバスって...

20060129-0370025.jpg


正月休みにバードバスなるものをネットで購入し、庭の真ん中の雨水升の上に置いてみた。脚がスチール製で器がアルミ製という、結構シッカリした造りになっている。

バードバスというと、単なる庭のオブジェとかフォーカルポイントとかいうイメージがあるのだが、私は本当に小鳥が水浴びをして欲しいと望んでいる。餌付けは冬の間しかしてはいけない、とかネットに書いてあるのを見て、輪切りにしたミカンとかを庭のテーブルの上に十数日も置いてみたりした。

が、ぜんぜん来てくれないのだ、小鳥さんたちは。ハクセキレイかセグロセキレイは、向かいの家の屋根の上で遊んでいるし、スズメはよくうちの庭の地面をつっついている、にもかかわらずである。近くに酒匂川の豊富な水があるからだろうか。

鳥達の目に慣れるまでは来ないものと思い、気長に待ってみるつもりだ。

キッチン・ガーデン

20060128-0370032.jpg

最近のキッチン・ガーデンの様子である。

この花壇は、入居した時に既に用意されていた。当初からある植物は、ゴールデンレモンタイム、ハニーサックル、ワイルドストロベリー、ローズマリーのみ。

そこに、ベランダで3年くらい育てていたコモンマロウ、チコリ、フェンネル、ローマンカモミール、レモンバーム、オレガノ、そして2本のブルーベリーが加わった。

去年11月ごろ種を播いたスナップエンドウ(写真左)が、毎晩霜の降りるこの寒さの中、そろそろ支柱が必要なくらいに成長してきた。スナップエンドウを育てるのは初めてなのでドキドキである。

ストロベリーポット

20060128-0370029.jpg

長い間あこがれていたストロベリー・ポットを、送料込み3,000円という安い価格で購入した。

真冬なのに待ちきれず、ローズマリー、イタリアンパセリ、ワイルドストロベリー、サントリナ、ニオイスミレ、レモンバーム、コモンタイムを植え付けてしまった。植え付けて数週間が経っていますが、何とか彼らは耐えているようです。ゴメンナサイ。

コブシに花芽が付かない

今年は庭のシンボルツリーであるコブシに花芽が付かなかった。
去年の3月の入居直前に撮影したこの写真のように、去年は4~5輪の花が咲いた。

20060129-IMG_0904.jpg

今年の春は花が見られないのかと思うとガッカリするのだが、園芸(盆栽)のプロである私の父に聞くと、植え付けてまだ1年も経っていない若い木なので、仕方ないのではないか、とのこと。樹高4メートル位の、おそらく庭で一番高い木ではあるけれど、花を咲かせるというのはエネルギーが要ることなのだということを、考えさせられる。

見回してみると、2本のブルーベリーのうち1本は、花芽が3つしか付いていない。去年の冬、ベランダでもう枯れたとあきらめていた木から芽が出てビックリした木を植え付けたもので、去年の春は花が咲かなかった(つまり実がならなかった)。今年はこの少ない花芽でなんとか頑張ってほしいと切に願う。

First of all...

去年3月に入居してから約10ヶ月、既成の庭を少しずつカスタマイズし、すでに60種類くらいの植物が植えられています。心安らぐナチュラルガーデンを目指すこの若い庭の成長ぶりを、ゆっくり綴っていこうかと思います。

20060128-0370006.jpg


なお、ここに掲載される画像の多くは今のブログでは珍しいフィルムカメラで撮影されています。撮影から掲載までのタイムラグはまあご愛嬌ということで。
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード