スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塀の上のビオラ

20060228-020400036.jpg

庭の塀の上の素焼きのプランターに植えた紫色のビオラが元気になってきた。秋に植えて、どんなに寒くても霜が降りても咲いていたけど、やや春めいてきたせいか、今までより勢いが出てきたようだ。雨に濡れてきれいである。

そういえば先日のトガクシショウマは、もう店にないところを見ると売れたようである。あの値段でもやはり買う人がいるんだねえ。気持ちは分かる。
スポンサーサイト

海原を照らす朝の光芒

20060226-020390036.jpg

大磯プリンスホテルの窓から日の出を見ようと早起きした。残念ながら遠くの海上に厚い雲があり、太陽は顔を出さなかった。しかし、雲のところどころに穴があるらしく、美しい光芒がいくつか見える時があった。この写真は、海上の一部が照らされた特に美しい瞬間だ。(2月12日撮影)

夕焼け空に火の玉?

20060226-020390029.jpg

大磯で夕焼けを見ていたら、輝く光の筋を見付けた。まるで火の玉か隕石が落ちているように見える。しかし、動くスピードは遅く、飛行機雲がすでに沈んだ太陽の光を受けて輝いているものだということが分かる。(2月11日撮影)

トガクシショウマ

今日、小田急新宿駅の地下にある花屋さんで、あの幻の花「トガクシショウマ」の苗が売られていた。値段はなんと6,825円。山野草を多く扱っていることは知っていたが、まさかこの花まであるとは。いくつか小さな芽が出ていて、すでに紫色の花が開きかけていた。実生で育てられたものと信じたい。

20060223-5131.jpg
(6月撮影、尾瀬)

ケルビン・ヘルムホルツ波の雲

20060220-020400012.jpg

幻日の現われた2/11、西から東に延びる帯状の雲の一部が、ケルビン・ヘルムホルツ波のような波状雲となった。帯状の雲はもともとは一本の飛行機雲だったのかも知れない。(2月11日、日没直後に撮影)

酒匂川のコハクチョウ

20060218-020390006.jpg

今年は例年よりも寒いせいで、酒匂川にコハクチョウが来ていると聞いて、見に行った。よく見ると、12羽のコハクチョウに1羽のマガンが混ざっている。河原にわずかに生える草などを食べているようだった。(2月5日撮影)

幻日(げんじつ)

20060218-020390019.jpg

特に用事もないのに家族で大磯プリンスホテルに泊まった。夕方ホテルの窓から箱根の山々に沈む夕陽を見ていたら、太陽の左側に写真のような光のかたまりが見えた。

これは太陽の左22度に現れた幻日である。このあと数分間で消えてしまった。(2月11日撮影)

イングリッシュ・デージー

20060218-020390012.jpg

つぼみ付きのイングッシュ・デージー2株を手に入れて庭に定植した。「ターシャの庭」のワイルド・フラワー・ガーデンにあこがれて。根がかなり回っていたので、思わず根をほぐして植えてしまった。真冬なのにちょっと酷だっただろうか。

しかしその後、うまく根付いてくれたようで、沢山の花を咲かせてくれている。
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。