スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウッドデッキ 薪を置いてみた

20061229-P1000039.jpg

ただの飾りなのだけど、薪を置いてみた。まだ来たことはないが、猫よけの意味もあるのだ。ホームセンターで3束で1500円位した。広葉樹の薪らしい。一応濡れないようにできるだけの処置はしてある。味があっていい感じ。コテージガーデン風になるのかな。
スポンサーサイト

ウッドデッキ 完成

20061229-200612280901000.jpg

まだいろいろやるかも知れないが、とりあえず当初の計画のところまで完成した。土日だけの作業だったが、のべ8日くらいかかっただろうか。DIY初心者にしてはよくやったと思う。
手前の白いSPFの2×4材の変なステップは、子供が上りにくそうなので置いただけの暫定的なものである。ちゃんとしたステップをもう一段作ろうと思っている。

1年前に買った三つの石のようなライトをデッキ上に置いたので、夜ライトアップするとこのようになる。クリスマスイブイブだったし、早速ワインで家族と完成を祝った。

20061229-P1000050.jpg

ウッドデッキ 室外機周りの処理

20061229-P1000044.jpg

エアコンの室外機の周りはこのように処理した。2本の4×4材の柱と2×4材で棚を作った。棚板はデッキと同じ2×6材である。この方法は「最新ウッドデッキ実例&実践パーフェクトBOOK(学研)」に載っている「カウンターテーブル付きウッドデッキ」の、カウンターテーブルの部分を真似たものなので上手くできるはずである。違う角度から見るとこんな感じ。

20061229-P1000040.jpg

エアコンの前が一段低いデッキになっているが、ここだけは根太を2×4材にした。温風(冷風)がちゃんと流れるためである。

ウッドデッキ 床板を張ってみる

20061229-P1000047.jpg

上のデッキの床板を張ってみる。そうだ、土台を作っている途中でインパクトドライバーを調達し、その驚くほど楽にネジを打てることに感動したんだった。使いはじめのとき、あまりのパワーにネジ穴をつぶしてしまって、にっちもさっちもいかなくなり、金槌で曲げて木に打ち付けたところが一カ所だけあった。幸い根太の内側の目立たない場所だったので良かったが。

フェンスはデッキのレベルからは大人が座れるベンチに、芝生のレベルからはちょうどいいカウンターテーブルになるような高さにした。天板は2×10材。圧迫感がないし庭が狭く見えないし、この処置は結構成功したと思う。途中からはここが作業台になったし、完成間近の時にビールを飲みながら細部を検討するのにちょうどいい高さだった。

20061229-200612280857001.jpg

ウッドデッキの土台を作る

いよいよウッドデッキの製作に取りかかる。
木工ランドでWRC(ウエスタン・レッド・シダー)の2×6、2×4、4×4材を大量に購入する。注文してから結構早く佐川急便のお兄さんが代引きで届けてくれた。たしか送料込みで4万800円だったかな。

晴れているので早速塗装をしたかったが、肝心のオスモカラーのシダー色がまだ届かない。結局その後週末に雨が降ることが多く、なかなか塗装できなかった。

20061229-P1000052.jpg

写真は、塗装を終えて柱と外周の根太を設置したところ。下にコンクリートのもともとのテラスが見える。このテラスをつぶすようにして小さなウッドデッキを作ろうという計画だ。なにしろ狭い庭をできるだけ狭く見せないように、芝生を美しく見せるように、庭とウッドデッキを共存させることが大前提なので、圧迫感のないギリギリの大きさで設計した。

手前と奥にはステップを兼ねるように2段のデッキにする予定だが、手前の水場で靴洗いが今まで通り楽にできるようにしたい、との家族からの要望で、もともとのテラスの端にL字型に切り欠いた根太を引っ掛けるようにして下の段のデッキを作ることになった。

土台は羽子板付き沓石で、砕石をつき固めてから、というところを砕石が売ってなかったので川砂利をつき固めてから置いた。川砂利は丸いので、砕石のような効果はないかも知れないけど、そこは素人判断ということで、まあ何とかなるでしょう。

ウッドデッキのために

DIYというか木工はほとんどやったことないし、子供の頃にやる工作でもまともなものを作った記憶がない。
しかし、前庭に小さなウッドデッキを作りたい、しかも安く、となったら自分で作るしかない。でも自信が全くない。
そこで、玄関のアプローチにガーデンベンチを作ってみることにした。

まずは日曜大工の本を買い、ノコギリ・ノミ3種類・小さいカンナ・クランプ数個・サシガネ・スコヤ・作業台などを揃えた。製作途中で丸鋸を買った。
SPF 2×4材を6本、ヒノキの60mmの角材を2本で、写真のようなベンチを作った。

20061228-P1000053.jpg

初めてにしてはホゾ組みなどに挑戦してしまったので、何週間もかかったけど腕の上達にはなった。ホゾ組みは結構ガチャガチャだったが。

家族の評判もまあまあだし、これでウッドデッキを作る自信がちょっと湧いてきたぞ、と思ったのでした。
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。