草津白根山~野反湖

7/28~30の3日間、草津白根山と野反湖へ高山植物を拝みに行った。作曲家のH氏とM氏とご一緒させてい頂いた。

初日は、午前中まで激しい雷雨だったらしいが、草津白根山の山頂に近づくにつれて天気がよくなり、コマクサを撮るには最適の天気となった。

これは携帯のカメラで撮った珍しい白花のコマクサである。

20080731-20080728.jpg

宿は草津温泉。夜「湯畑」まで繰り出すと、そこはいい雰囲気の温泉街だった。

20080731-20080728(006).jpg

2日目はゆっくりと野反湖を一周した。湖の周りは高い木があまりなく草原のように美しい風景で、ニッコウキスゲやヤナギランが咲き始める最高の季節だった。他にもノアザミ・クルマユリ・ノハナショウブなどが咲いていた。

以下の写真は、そのなかでも特に美しかったヤナギランの群落を携帯のカメラで撮影したものである。

20080731-20080729(002).jpg

青いロマンスカー

最近、休日の昼過ぎからしばらくの間開成駅に小田急ロマンスカーMSEが停車している。乗ってみたい。

でも多分、連結部分の下に車輪がある白いVSEの方が乗り心地がいいんだろうな。MSEとEXEは切り離して少ない車両編成にできるように、普通車両と同じ様に各車両に二カ所ずつ車輪が付いている。EXEは揺れる。でも僕は毎日のようにロマンスカーに乗っているので、その存在に感謝している。

P955867_20080726(001).jpg

水草水槽を立ち上げる

室内でのアクアリウム暦が1年を過ぎ、30×30×30cmのキューブ水槽ではちょっと狭くて魚やエビがかわいそうになってきたので、45×40×30cmの中型の水槽にグレードアップすることにした。冬の間外のメダカを水槽の中に入れた際に、藍藻が紛れ込んでしまったことや、水草の生育がすっかり悪くなってしまった(肥料切れなのかも)ことへの反省の意味も含めて、曖昧だったコンセプトを一新、CO2添加の水草メインの水槽にチャレンジすることにした。

20080706-20080705(001).jpg

これが立ち上げ後2週間の新しい水槽である。深山石なんかを3個あしらっちゃって、手前にグロッソスティグマ、奥にヘアーグラスを植えてみた。深緑色のアヌビヌス・ナナなどは前の水槽からの流用である。今のところ水草たちは順調に繁茂している。

魚はほとんどが前の水槽から引っ越してきたものだ。青と赤のネオンテトラ達は、すっかり育ってピラニアの様になってしまったが元気である(さすがは同じカラシン)。アフリカン・ランプアイ2匹、グラスキャット2匹、ドワーフペンシルフィッシュ3匹、ミナミヌマエビ十数匹、そして、子供達に人気のオトシンクルスが5匹。

これは立ち上げ直後の水槽の様子である。これの1週間後に魚達は引っ越しをした。

20080706-20080621(017).jpg

朝顔が咲いた

20080706-20080706.jpg

なんてことないけど、ウッドデッキの夏季限定特設のネットで育っている朝顔が咲いた。濃いピンクのいい色である。

小1の子どもが学校から持ち帰ったもので、子どもも喜ぶのでのせた。
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード