秦野にて



初夏のような陽気の今日は、秦野市文化会館にて、秦野市立西中学校吹奏楽部の定期演奏会を聴きました。

僕のアレンジした「涙」「キミがいる」「Best Friend」の3曲を始めとして、我が社の曲をたくさん演奏してくださいました。本当にありがとうございました。

第2部からは生徒さん達はとても楽しそうにハジけて演奏していたのが良かったです。僕はこういう演奏会を想定して、生徒一人ひとりの見せ場を作るために幾つかソロを書くのですが、そういう所をとても上手く利用した演出で、一人ひとり拍手をもらっていました。これからもそういう書き方を心がけて行きたいと思います。

昨日ですが開成ジュニアアンサンブルも、無事4回目の練習が終わりました。子ども達も大分雰囲気に慣れてきたようで、楽しい合奏ができるようになって来ました。
(僕も教えるのに慣れてきたようです!)

来月からは、いよいよ8月の演奏会に向けて担当楽器を固定しての練習が始まるので、ドキドキです。皆さん頑張りましょう。

鹿児島にて



本州上空。まだ発達中の低気圧の上でしょうか。



鹿児島は晴れていました。



黒豚のせいろ蒸しをランチに。上手く撮れませんでしたが。とても柔らかくて美味でした!



薩摩富士・開聞岳と池田湖のポピー畑です。素晴らしいコントラスト。

タッくんとンッくん

20110421_3873.jpg

タンちゃんとウンちゃんに続く仲間達も、子供たちと作りました。
左からタッくん、ンッくん、タタちゃんです。
8分音符なので片目をつぶっているんです。

本日、開成ジュニアアンサンブルの練習で初お目見えとなります。

桜満開&山菜うどん

神奈川県知事選から一夜開けた今日、前開成町長・露木順一さんは残念ながら県知事になれなかったが、そんな開成町の桜はご覧の通り満開となった。

20110411_3870.jpg
(開成駅付近、奥が酒匂川)

今日のランチは、南足柄市の足柄峠の近く、地蔵堂の万葉うどんである。
万葉うどんの建物はずっと茅葺き屋根だったが、ついに屋根だけ瓦屋根に変わってしまった(写真は撮るの忘れた)。

調べてみたらこんな記事が→さようなら かやぶき屋根

でも、素敵な和風の庭には、可憐なカタクリの花が咲いていました。山野草の咲く庭なんて素敵だな。

20110411_3871.jpg

そして、今日のランチ「山菜うどん」である。
う~ん、たまらん、この香り。

20110411_3872.jpg

ちなみに去年の5月の山菜うどんはこちら

タンちゃんとウンちゃん

20110410_3863.jpg

開成ジュニアアンサンブルのために、娘たちと工作しました。タンちゃん15体とウンちゃん8体です。
なかなかカワイイでしょう。
これは、板橋区立板橋第九小学校の法島隆志先生が考案されたものです。
この後も仲間がたくさん増える予定です....、お楽しみに。

開成ジュニアアンサンブル、始動

昨日4月7日の夕方、開成南小学校の第2音楽室にて、開成ジュニアアンサンブルの第1回目の練習が開催されました。初日の昨日は、僕らの呼びかけに応えてくれた開成町内の10人の子供たちが集まってくれました。

準備等に追われ、練習の様子を写真に収めることができませんでした。なので、学校の内覧会の時の写真を載せておきます。なかなか綺麗で広くて使い勝手の良い場所でした。

20100307_1628.jpg

活動内容の説明・自己紹介などをひと通り行った後は、保護者の方々に演奏会で着るTシャツのデザインなどを考えていただきました。素敵なTシャツのデザインが決まったようで、演奏会が楽しみになってきました。

その間に子供たちには、合奏の基本やリコーダーの基礎練習、そしてリコーダー、鍵盤ハーモニカ、鉄琴、小太鼓、ピアノを使って、AKB48の「ヘビーローテーション」を合奏しました。

内容が盛り沢山過ぎて、大急ぎで突っ走った感じとなってしまいましたが、次回からは昨日の反省を生かして、じっくりゆっくり、いろいろな楽器を経験させながら、子どもたちそれぞれの音楽経験に合わせて教えていきたいと思っています。

最後に、今回は3人の方々に指導のお手伝いをしていただきました。本当にありがとうございました。

小田原賞作曲コンクール入選

「こどものためのピアノ曲」をテーマとしていた第1回小田原賞作曲コンクールに僕のピアノ曲が入選しました!

20110401_3823.jpg

写真は3曲目の「イソヒヨドリ」の楽譜です。

曲目解説を以下に載せておきましょう。

「鳥の組曲」 本澤尚之 作曲
1. シジュウカラ 2. カワセミ 3. イソヒヨドリ

 冬の酒匂川を散歩していると、ハクセキレイ、ジョウビタキ、カルガモなど多くの種類の野鳥に出会うことができます。そうした鳥たちのさえずりや行動をモチーフにして作曲が出来ないかと考えたのが事の発端です。
 「シジュウカラ」は、川の土手だけでなく、住宅地にも顔を出すとても可愛い鳥で、さまざまな速さの三拍子でさえずるなかなか音楽的な鳥です。
 「カワセミ」は、鮮やかな瑠璃色の羽と明るい橙色の腹の非常に美しい鳥です。この曲では川のせせらぎや、さえずり、小魚を目にも留まらぬ速さでダイビング・キャッチする様子が描かれています。
 「イソヒヨドリ」は、灰青色のスズメより一回り大きな鳥で、近所ではなぜか線路の電線の上や駅舎の上などの高い所に留まってとても美しいさえずりを聞かせてくれます。そこでこの曲は、踏切の音や電車の近づく音にのってさえずる行進曲となりました。中間部では、線路上で2羽が愛を奏でている様子が描かれています。

プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード