スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金環食、ならぬ部分日食

5月21日の朝の大イベント、金環食。神奈川県の開成町付近は、金環食帯の中心付近の絶好の場所でしたが、金環食の時間まで小雨や曇りでした。残念!

20120521_4920.jpg

今、雲の向こうには太陽のリングが見えているはずです。心なしか曇り空が暗くなった気がします。

20120521_4922.jpg

後半の普通の太陽に戻っていく様子が撮影できました。

20120521_4928.jpg

ここで見えた範囲での連続写真です。やっぱ肝心なところがないとインパクトに欠けるなぁ。

120521連続写真2

関東地方のこの地域以外では、結構見えたそうです。悔しいので、28年後の北海道の金環食までの楽しみにとっておきたいと思います。
スポンサーサイト

楽器講習会&ジャズコンサート開催

5月20日は、開成ジュニアアンサンブルの主催として、厚木市や平塚市で活動している社会人ビッグ・バンド「グルーヴィン サウンズ オーケストラ」による楽器講習会とコンサートを開催しました。

コンサート会場には多くのお客さんがいらっしゃいました。とてもノリノリで暖かい拍手につつまれました。

20120520_4918.jpg

僕も1曲参加しちゃいました。曲は「Big Swing Face」です。

20120520_4879.jpg

こちらは、オープニング演奏として、開成ジュニアアンサンブルの団員全員で「アメイジング・グレイス」を演奏した様子です。5~6年生は楽器を始めてまだ1ヶ月半ですが、とても堂々と演奏してくれました。



こちらの記事もご覧ください。

開成ジュニアアンサンブル 楽器講習会

フィリスコーン、シジュウカラの巣立ち

いろいろと盛りだくさんだったゴールデンウィークに前後して、庭の西洋シャクナゲ「フィリスコーン」が珍しく立派な花を付けた。

20120501_4788.jpg

この温暖な神奈川県の気候に合わないのか、いつも蕾は開かないまま枯れてしまっていた。
しかし今年は冬が長く、桜の季節になってから一気に暖かくなったのが、シャクナゲの育つ寒い土地の気候に似ていたのだろう。嬉しい。

20120505_4802.jpg

今年はゴールデンウィーク中のキャンプに初挑戦してみた。場所はいつもの西丹沢である。新緑を見ながらビールを飲むのはとてもとても最高な気分だ。

20120503_4800.jpg

そして、庭のコブシの木に付けた巣箱に、今年初めてシジュウカラのつがいが入った。
このように親が餌をくわえて巣に入ると...、

20120503_4794.jpg

糞をくわえて出てくる。

20120503_4795.jpg

この繰り返しをしている期間、「チイチイ」と鳴いていた雛の声が次第に「ツーツーツー」とシジュウカラらしい声になっていった。
巣立ちの日はキャンプ中だったので、雛の一羽が巣箱の穴から1度だけ外を覗いた時以外は、雛の姿をみることはなかった。また来年も入ってね!

グルーヴィンサウンズオーケストラ・ジャズコンサート

120407グルービンチラシ

5月20日(日)に、厚木市や平塚市などで活動しているビッグバンド「グルーヴィンサウンズオーケストラ」によるジャズコンサートを、開成南小学校多目的ホールにて開催いたします。
13:30開場・14:00開演、入場無料です。お近くの方はぜひ会場にお越しください。

同日の午前中に、開成ジュニアアンサンブルの5~6年生の団員を対象とした楽器講習会を行います。
初めて楽器を持ってから1ヶ月ちょっとのこのタイミングで、ジャズの先輩たちに教えていただくことによって、上達への確かな一歩となればいいなぁ、と思います。

北條ジャズフェスタ出演!

5月4日は小田原城の銅門前の広場にて「北條ジャズフェスタ」に出演しました。

IMG_0393.jpg

去年と同様、歴史ある風景の中、太陽の下でのステージでした。上空の寒気の影響で、いつ雨が降ってもおかしくない変わりやすい天気でしたが、そこは日頃の行いのよい我々だけに、雨に降られることなく終了しました。

IMG_0413.jpg

写真は子供に撮ってもらいました。なかなか上手く写っていますね。
VocalのあんこさんのMCも、GuitarのこうちゃんのMCもどちらも最高でしたね。
お二人のお陰で、なかなかいいコンサートになったと思っています。

演奏:スタッカーツ&テノーツ
長谷川 勝(Sax)・本澤なおゆき(Vib)・北野浩一(Gt)・本澤ゆうこ(P)・松崎雅之(B)・須安哲治(D)

演奏曲目:

Days of Wine And Roses
The Girl From Ipanema
Recado Bossa Nova (featuring Vocal あんこさん)
Seasons (featuring Vocal あんこさん)
On the Sunny Side Of the Street (featuring Vocal あんこさん)
Iris (Comp. by Naoyuki Honzawa)
Have You Met Miss Jones
Just One Of Those Things (featuring Vocal あんこさん)

乳房雲出現!

茨城県つくば市では、竜巻による大きな被害が出たようですが、上空に大きな寒気を伴った寒冷渦が居座り続けたゴールデンウィーク後半は、とても天気に悩まされた。

この寒冷渦(寒冷低気圧)というのは、地上天気図には地味な低気圧としか現れないのに、動きが遅い上に落雷・突風などシビアな気象をもたらしやすい、という曲者。それなのに、テレビの天気予報では「寒冷渦」という表現をしないせいか、いくら「上空に強い寒気が...」と注意喚起しても、地上が穏やかで暖かいうちは、一般の人にとっては危険な状況を想像するのがとても難しいのではないかと思う。

この足柄平野でも、伊豆半島方面から北東へと移動してきた大きな雷雲が午後3時位に30~1時間ほどかけて通過した。この地域にしては、とても激しい雨・ひょう・雷をもたらし、故郷の栃木県の激しい雷を思い出した。

で、その一部始終を窓を開けてみていたのだが、嵐が去って雨が止み始めた頃、空に異様な雲が現れ始めた。それがこの乳房雲である。

20120506_4813.jpg

気象の写真集でしか見たことのない乳房雲を初めて目の当たりにして、写真を沢山撮った。
モコモコモコモコとした異様な雲で、空が埋め尽くされた。

20120506_4807.jpg

このように北東へと流れていって、再び晴れとなった。
列をなしているモコモコの先の方では、まだ雨が降っているのかな。

20120506_4816.jpg

富士山麓のキスミレー2

スミレ以外の花も数多く見られた。
これは林床のいたる所に咲いていたニリンソウ。

20120430_4739.jpg

ニリンソウに混じって、ヤマエンゴサクが咲く場所もあった。赤紫色~青色までバラエティに富んでいた。

20120430_4738.jpg

これは、我々の前にいきなり現れた猛毒植物「ハシリドコロ」。僕の山歩きの師匠である星出氏も初めて見たとのことである。

20120430_4750.jpg

アップで見るとナス科らしい紫色の花を付けている。エンゼルトランペットを小さくしたような雰囲気。

20120430_4752.jpg

ブナ林の登山道の足元に見られた寄生植物「ヤマウツボ」。まだ小さいのでスイートコーンみたいだ。

20120430_4762.jpg

メギ科「ルイヨウボタン」。緑色の小さな花を多数付ける、なかなか風情のある植物。

20120430_4754.jpg

その多くはまだ蕾だが、林床を埋め尽くす群落を作っていた。

20120430_4757.jpg

うつむき加減に咲くとても可憐な花「ミヤマカタバミ」。みんな下を向いているので、撮るのがとても難しい。

20120430_4770.jpg

風が弱く曇りで時折薄日が差す陽気。多くの初めての植物に出会い、気分もとてもリフレッシュした山歩きだった。

富士山麓のキスミレー1

富士山麓のキスミレー1

4月30日は、作曲家の星出尚志氏と一緒に、富士山麓は朝霧高原へと絶滅危惧種のキスミレを探しに出掛けた。
道の駅・朝霧高原から東海道自然歩道を回るおよそ10キロの行程である。

お目当てのキスミレ以外にも、とても多くの種類のスミレに出会うことができた。
まずは、最もありふれたスミレ「タチツボスミレ」のなかなか立派な株。

20120430_4747.jpg

そして存在感のある白いスミレ「マルバスミレ」。

20120430_4743.jpg

これは葉の模様が特徴的な「フモトスミレ」か。小さな白い花が可愛い。

20120430_4744.jpg

こちらは葉の形が特徴的な「エイザンスミレ」。

20120430_4748.jpg

これは「ヒゴスミレ」か。それとも「シロバナエイザンスミレ」か。このスポットには沢山咲いていた。

20120430_4763.jpg

これは花の後ろの「距」が細長い「アカネスミレ」だと思う。

20120430_4759.jpg

とても小さな白い花の「ニョイスミレ」。日当たりの良い所に咲いていた。

20120430_4761.jpg

この青紫色の花は「ナガバノスミレサイシン」という長い名前のスミレ。

20120430_4767.jpg

そして、お目当てのキスミレ。意外と大きく、遠くからでも目立つ黄色をしている。

20120430_4778.jpg

このような野焼きで維持されている原っぱに点々と咲いていた。

20120430_4773.jpg

阿蘇山の回りと富士山麓・愛知県・愛媛県の一部にしか咲いていない絶滅危惧種。何年も前から実物を見たかったので、とても感動した。

富士山麓のキスミレー2
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。