ポップスクリニック!

DSC_9300.jpg

7日は、熊谷吹奏楽団主催のワークショップ「ポップス・バンド・クリニック」の講師をさせていただきました。小田原から上野東京ラインで籠原まで1本、遠いようで近い約3時間の旅。さくらめいとの練習室は天井が高く壁の吸音も程よく、素晴らしい施設でした。

内容はというと、立ち上がりの早いタンギングやフレーズ中のレガートタンギングなどのアーティキュレーションを中心に、時々レイドバックにもチャレンジしてみました。また、フレックス編成の活用法では、イントロは全員→Aメロは金管アンサンブル→木管アンサンブル、ソロ回しのバックはエレベとドラムとピアノだけ、みたいにオリジナルアレンジができることを示してみました。

参加してくれた現役の中学生たちがとてもいい音をしていて素晴らしいと思ったのと、やはり下手側のドラムや打楽器と上手側の低音楽器の間のテンポ感覚のズレというのが、吹奏楽特有の課題だな、と感じました。左右のテンポ感のズレを解消する効率的な練習方法を考えてみたいと思いました。

DSC_9295.jpg

こんな感じで和気あいあいと。5曲は多かったかな......。

DSC_9303.jpg

鍵ハモで「スタッカートは超短く!」とやっているところ。

DSC_9313.jpg

ディキシーランドのドラムはこんな感じ〜。

DSC_9309.jpg

サンバのトライアングルはこんな感じ〜。

DSC_9325.jpg

発起人の江尻先輩をはじめとするスタッフの皆さん、参加者の皆さん、ありがとうございました!
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード