ゲイリー・バートン&小曽根真ライブ

グリーンホール相模大野大ホールで行われた、ゲイリー・バートン(ビブラフォン)&小曽根真(ピアノ)のライブ、聴きに行きましたよ。

20100606.jpg

いやぁ、まいった。まずい。ヤバイ。それ以外言葉が出ません。
ジャズっていいよ。ワクワクするよ。だって次に何が起こるか誰にも分からないんだもん。

僕にとって彼らは神としか言いようがない。到達することのできない崇高な領域。
テクニックも音楽性も。

コンサート後、演奏した曲目が貼られていました。
これと、アンコールに「Opus Half」と「Times Like These」の2曲。

20100606(003).jpg

そういえば、小曽根真が良いことを言っていました。
小曽根真がゲイリーのレッスンを受け始めた若い頃、ゲイリーが言った言葉:
「作曲を始めた方がいい。自分で作った曲を演奏して、それを好きになってくれる人がいたら、その人はそれからずっとファンであり続けてくれるものだから。」

なるほど、確かに一度ピーンときた人は、その後ずっとファンであり続ける。
僕にとってのチック・コリアや小曽根真のように。

彼らにしか出来ない音楽を全身に浴びた今、
自分にしかできない音楽を目指していきたいと思いました。
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード