キャンプ場でペルセウス座流星群

8月12~13日と、栃木県の実家の近くの塩原でキャンプを楽しんできた。
8月13日といえば、毎年恒例のペルセウス座流星群の極大日にあたる日。大いに期待してこれまでキャンプの準備をしてきました。

結果はというと...、大成功でした!

1日目のテント設営時には、日本海を通過中の台風の影響で、小雨が降ったり止んだりだったが、ダッチオーブンで作ったカレーライスを食べ、ビールを飲み、温泉に入ったころには、少しずつ晴れ間が見え始め、夜9時ごろには若干白い雲が流れてくるものの、満点の星空が広がったのである。

9~11時位と、深夜2:30~3:30位に、子供たちと一緒に星空を見た。夏の大三角とその間を流れる天の川がクッキリ見え、流れ星も明るいもの暗いもの長いもの短いものと、沢山観測できた。マイナス1等星以上、1秒以上のものもいくつか見えた。子供たちは生まれて初めて流星を見る。

深夜2時位になると、空はもう秋の星座だ。ひときわ明るい木星に目が眩んだのか、どれが秋の大四辺形か分からないほどたくさんの星が広がり、アンドロメダ大星雲やペルセウス座二重星団が目で確認できるほどだった。もちろん、流星も。特にペルセウス座の近くでは、明るくてとても短い変わった流星も観測できた。

翌朝は、当然寝不足の状態での撤収となり、実家に帰宅してから沢山昼寝したことは言うまでもない。

ところで、昨日(8/15)の朝に自宅に帰ったのだが、庭のアーチのキジバトの巣を見ると、雛がいなくなっているではないか! 巣立ったのか、カラスなどにやられたのか...。しばらく呆然としてしまった。

4日前に雛を確認したばかりだったので、恐らく敵に襲われたのだろう。子供の夏休みの自由研究もやや悲しい結果に終わってしまった...。でも自然のことだから仕方ない。これもいい勉強となるだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード