スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿佐ヶ谷にて

昨夜、作曲家・真島俊夫さんが会長を務める「フランスかぶれの会」の第1回目のサロンパーティーが、阿佐ヶ谷のジャズバー・クラヴィーアで行われ、会員ではないのですがちょっとだけ参加させていただきました。

中島由紀さん(Pf)、前田綾子さん(Fl.)、大浦綾子さん(Cl.)をはじめとする豪華なプレイヤー達が次々と、フランスにちなんだ曲やそうでない曲を素敵に演奏してくださるのを、ひたすらワインを飲みながら聴くのは、これまた至福の時でした。贅沢すぎます。

特に、真島さんの「レ・ジャルダン〈庭〉」を吹いた大浦綾子さんの温かみのあるクラリネットが印象的でした。そして、ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」を前田綾子さんのフルートで聴けるなんて...。ドビュッシーはこの曲の冒頭に、フルートの不安定なCisの音を敢えて使ったのではないか、とのお話、大変勉強になりました。

20101017-1.jpg
ステージでお話をしている真島さん、前田さん

後半はHAZZさんのシャンソンを堪能しました。シャンソンっていうのは、とても弱く歌ったり、全員で力強く演奏したりと、起伏が激しくダイナミックなものなんですね。そのことに初めて気が付きました。

テーブルに出されたおつまみやサラダはどれもおいしいものばかり。すべて会員の方の手作りだと聞かされ驚きました。なんと仔牛のカツレツも。ヨーロピアンですねぇ。

僕はフランスかぶれではないかも知れませんが、思い返してみれば13年前の元日前後にパリに5泊しているんです。またフランスに行きたくなっちゃったよぅ。
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。