ウッドデッキの土台を作る

いよいよウッドデッキの製作に取りかかる。
木工ランドでWRC(ウエスタン・レッド・シダー)の2×6、2×4、4×4材を大量に購入する。注文してから結構早く佐川急便のお兄さんが代引きで届けてくれた。たしか送料込みで4万800円だったかな。

晴れているので早速塗装をしたかったが、肝心のオスモカラーのシダー色がまだ届かない。結局その後週末に雨が降ることが多く、なかなか塗装できなかった。

20061229-P1000052.jpg

写真は、塗装を終えて柱と外周の根太を設置したところ。下にコンクリートのもともとのテラスが見える。このテラスをつぶすようにして小さなウッドデッキを作ろうという計画だ。なにしろ狭い庭をできるだけ狭く見せないように、芝生を美しく見せるように、庭とウッドデッキを共存させることが大前提なので、圧迫感のないギリギリの大きさで設計した。

手前と奥にはステップを兼ねるように2段のデッキにする予定だが、手前の水場で靴洗いが今まで通り楽にできるようにしたい、との家族からの要望で、もともとのテラスの端にL字型に切り欠いた根太を引っ掛けるようにして下の段のデッキを作ることになった。

土台は羽子板付き沓石で、砕石をつき固めてから、というところを砕石が売ってなかったので川砂利をつき固めてから置いた。川砂利は丸いので、砕石のような効果はないかも知れないけど、そこは素人判断ということで、まあ何とかなるでしょう。
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード