スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻にて

元旦は石巻の親戚を訪れた。
三陸自動車道のICの付近はごく普通の街並みだが、沿岸の方へ行くと、何とも表現し難いのだが、広大な「更地」が延々と続いていた。
ほとんどの瓦礫は撤去されているのだが、その代わりに瓦礫が山積みになっている仮処分場が何箇所もあった。

しかし、敢えてここでは石巻の穏やかな海の写真を紹介したいと思う。

ここは津波によって堤防が決壊した場所だが、このように修復されている。
松林がしっかり残っているようだが、一旦塩水に浸かったので枯れてしまうかも知れない。

20120101_4471.jpg

かつて伊達政宗が支倉常長をスペインに送ったのが石巻だということで、サンファンパークを訪れた。ここも一時は避難所になったということである。
公園内の高台から見ると、穏やかな太平洋が一望できた。

20120101_4477.jpg

被害が甚大な女川町の中心部へ行くと、さらに信じられない光景が。
鉄筋コンクリートの3階建ての建物が横倒しになるなんて、信じられない。

しかし今では、出島、江島といった離島を結ぶ定期船が運行しているようだ。
土地が沈降しているため、海水に浸からないように高くした岸壁に停泊していた。

20120101_4487.jpg

5年やそこらでは復興できないほど、あちこちに深い爪痕を残しているが、これからもずっと被災地の復興を応援していきたいと思う。
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。