礼文島その3

礼文林道のレブンウスユキソウ群生地で昼食のおにぎりを食べ、通称ハイジの丘へと向かう途中の谷間に松林があった。礼文島では珍しい森林である。ここの林床にマイズルソウ(ユリ科)の群落があった。何となく蛙の似合いそうな艶のある葉っぱである。

20120611_5501.jpg

エゾツツジ(ツツジ科)の赤い花。

20120611_5502.jpg

ゴゼンタチバナ(ミズキ科)の可愛い花も見られた。

20120611_5503.jpg

それらの花が見られたのはこの「ハイジの丘」を望む場所。この先の礼文滝まで行く予定だったが、今は危険なため通行止めになっている。

20120611_5504.jpg

やむを得ず引き返している途中、尾瀬で出会った以来の花、ツバメオモト(ユリ科)にであった。

20120611_5510.jpg

イワハタザオ(アブラナ科)の仲間かな。葉っぱが丸みを帯びている。

20120611_5514.jpg

こんな風に海を望む場所に高原のお花畑があるなんて信じられない。チシマフウロとネムロシオガマなどの群落。エゾノリュウキンカの葉も見られる。

20120612_5555.jpg

空の手前に望むのはセンダイハギ(マメ科)の黄色い花の群落。

20120612_5573.jpg

センダイハギはこんな感じの花。礼文島のあちこちと、宗谷岬の方でも見られた。

20120611_5356.jpg

多肉質の青っぽい葉の重なりと小さな黄色い花の集まりが独特なイワベンケイ(ベンケイソウ科)。

20120612_5590.jpg

礼文島にはキジはいないが(多分)、キジムシロ(バラ科)。明るい登山道のあちこちに見られた。比較的ありふれた花だが、よく見るとなかなか美しい。

20120612_5597.jpg
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード