スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン4日目

風が寒くなり始めたボストン滞在4日目は、クリスマス・イブ。フェンウェイ・パーク球場のすぐ近くのホテルから、バックベイ・フェンの脇を通り、留学時に住んでいたシンフォニー・ホールそばのアパートを16年振りに訪れました。そして、ボストン・ポップス・ホリデー・コンサートを聴きます。

2013_12_25_7613.jpg

Back Bay Fensにて。

2013_12_25_7627.jpg

留学時に住んでいたアパート。シンフォニー・ホールのすぐそばです。16年前と全然変わっていません。

2013_12_25_7631.jpg

Symphony Hallに来ました。

2013_12_25_7634.jpg

2013_12_25_7638.jpg

 ボストン・ポップスはキッズ・マチネーということで、赤ちゃんを含む沢山の子ども達が家族で来ていました。驚いたのは、着飾っている人が多いのですが、クリスマス・イブということで老若男女問わず、赤い洋服を身につけている人が多いということです。

2013_12_25_7642.jpg

2013_12_25_7646.jpg

2013_12_25_7649.jpg

2013_12_25_7651.jpg

 お客さん達が思い思いに楽しんでいるのにもかかわらず、演奏は素晴らしいものでした。特に、金管楽器の響きの美しさ、そしてタングルウッド祝祭合唱団のコーラスの迫力に感動しました。モノホンの「そりすべり」も貫禄のある演奏でした。

2013_12_25_7655.jpg

 個人的には、エレキベースがいなくて、ドラムの音量がとても控えめなのに、オーケストラ全体でリズムの一体感が出ていた点や、コントラバスのアルコとピチカートをうまく使い分けていた点が、とても興味深く感じました。シンフォニック・ポップスの一つのあるべき姿を見た気がします。アレンジャーとしては予想以上に収穫大でした。

2013_12_25_7660.jpg

 コンサートの余韻を味わいながら、母校の方へ歩きました。16年振りの印象としては、バークリーの建物がずいぶん増殖していたなぁ、という感じです。

2013_12_25_7677.jpg

2013_12_25_7682.jpg

2013_12_25_7683.jpg

2013_12_25_7685.jpg

バークリーの向かい側の風景。留学した人は懐かしいのではないでしょうか。

2013_12_25_7688.jpg

2013_12_25_7690.jpg

旅の目的の1つだったバークリー・ブックストアは、ずっと閉まっているようで入れませんでした。残念。

2013_12_25_7695.jpg

 その後は中心部のクインシー・マーケットで昼食&買い物を。クリスマス・イブはスーパーも6時位までだし、明日はほとんどの店が休みなので、計画的に過ごします。

2013_12_25_7698.jpg

サミュエル・アダムス像。何した人だっけ。僕はビールを作った人だと思う。

2013_12_25_7704.jpg
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。