ミッドウエスト・クリニック2015・3日目

ミッドウエスト3日目は、夜中の3時に目が覚めたこともあって、朝一で僕のバンドでも活用している『赤本』の著者、マイク・ステイネルによる講座「ジャズ初心者を教えるための効果的な戦略」を受けることができた。同じ時間に、昨日素晴らしい演奏を披露したばかりの就実学園の小林先生の講座に行くのを泣く泣くあきらめて。どうもジャズ指導者向けと吹奏楽指導者向けの講座は同時進行しているらしく、日本からの吹奏楽関係者とことごとく別行動になってしまっている。でも、ボブ・ミンツァーやアルトゥーロ・サンドヴァルに会えるというまたとない機会なので、今回だけは許してね。

2015_12_19_1343.jpg

朝受けた講座は、僕がイマイチ使いこなせていないかも知れない「赤本」と読んでいる教則本の著者・マイク・ステイネルだった。本に書いてある情報だけでなく、自身のトランペットによる実演を交えながら、メモしきれない速さで多くのヒントを与えてくれる圧巻の講座だった。特に、参加者全員に難しいリズム・パターンを手拍子させたり、鼻歌でインプロヴィゼーションさせたりと、生き生きとした本場のジャズ教育の現場に関わることができた気がして嬉しかった。

2015_12_19_1332.jpg

まさか今日が最後とは知らずに、展示場を俯瞰してみた。右からぐるりと1枚目。

2015_12_19_1333.jpg

2枚目。

2015_12_19_1334.jpg

3枚目。

2015_12_19_1335.jpg

4枚目。

2015_12_19_1331.jpg

いつも仕事でお世話になっている楽譜作成ソフトFinaleのMake Musicのブースでは、Smart Musicという画面上に楽譜を表示させて、各楽器のレッスンの手助けをするシステムを実演していた。アメリカの学校の5%が導入しているとか。ジャズのマイナスワンとしても使えそう。

2015_12_19_1342.jpg

これほど大規模な展示場でも、欲しい商品は一期一会と思った方がいいみたい。昨日なかったお目当てのマレットが今日見付かったので、再びマレット購入〜。

2015_12_19_1341.jpg

午後に回ったのは、この2つの素晴らしいジャズバンド。ゲストプレイヤーも超有名でした。2つのコンサートの間に受けたカウント・ベイシー・オーケストラのピアニスト、レジー・トーマスによる「リズム・セクション101」という講座も、これまで効果的な指導法が分からないでいたバンドの中核・リズム・セクションについて深く掘り下げた内容だったので、これも目からウロコの連続。もう寝不足なんて言っていられません。すごいなぁ、ここは。

IMG_3186.jpg

テキサスから来たハイスクールによるコンサート。何年も前にこのミッドウエストで観たジャズバンドに刺激を受けて始めたバンドが、その指導者のゴールともいうべきこのミッドウエストに戻ってきた、といった趣で、とてもレベルの高い感動的な演奏でした。

IMG_3187.jpg

特に、左にスーザフォンが見えるように、ニューオーリンズ・スタイルを取り入れたり、アメリカ南部の雰囲気を髣髴とさせるパフォーマンスに、アメリカの持つジャズの歴史の深さと多様性を感じました。

2015_12_19_1337.jpg

そして、ソロを吹く生徒さんの右にいるゲストは何と伝説的なテナー・プレイヤーで作編曲家のボブ・ミンツァーです! 僕の憧れのボブ・ミンツァーです。

2015_12_19_1338.jpg

もう一度言います、ボブ・ミンツァーです! 信じられない。

IMG_3190.jpg

そして、夕方のコンサートは、シドニーから来た大学生ビッグバンド。曲もコンテンポラリーなオリジナルばかりで、ここまで来ると、山野ビッグバンドコンテストの上位校とか、バークリーの最高峰ビッグバンドを見ているような印象を受ける。さすが。そして、何と中央でトランペットを吹くのは、ゲストのアルトゥーロ・サンドヴァルです! スーパー・スーパー・ハイノート(絶対音感には自信がないですが、ピッコロの加線3本のF音までは出ていたのではないでしょうか)を連発してくれました。ありがたいありがたい。

IMG_3192.jpg

知りませんでしたが、サンドヴァルはピアノも相当達者なようで、合間に、リズム・セクションを巻き込んで「オール・ザ・シングス・ユー・アー」のピアノ・トリオを披露してくれました。最終曲の後には、リズムにFのブルースを演奏させ、各ホーン・セクションに即興でリフを加えていき、ほとんど素晴らしく書かれたアレンジのような曲を作り上げてしまいました。すごいなぁ、この人は。トランペットが凄いだけじゃないのです。その存在がそのまま音楽なのです。

共演した学生達の多くはプロになると思うけど、この日の事は絶対に忘れないんだろうな、と思います。吹奏楽だけでなく、ジャズ演奏者・教育者にとっても、ミッドウエストは間違いなく最高の場所のようです。
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード