ミッドウエスト・クリニック2015・4日目

ミッドウエスト4日目は、「アルトゥーロ・サンドヴァルとのモーニング・トーク」に参加しました。会場は立ち見が出るほどの人。英語なので半分しか理解できていませんが、貧しかった子供の頃の話や、最初は英語が全く出来なかった事とか、米国人はもっと、この自国が生み世界に大きな影響を与えてきた『ジャズ』をもっと愛そうよ、とかを気さくなジョークを交えながらも熱く語ってくれました。

「チェロキー」を12のキーで練習したディジー・ガレスピーの話も出て、12のキーで練習する効率的な方法をピアノで具体的に示してくれたのが今回の大きな収穫です。サンドヴァル氏はトランペットでアドリブをする時も、常にピアノの鍵盤を想像しているそう。ピアノを学ぶことは全ての楽器の役に立つ、なぜなら、全ての音が耳で聴こえるのと同時に目に見えるから、とも言っていました。最後の方では、「楽器の練習にショートカットは存在しない!」と強く語っていたのも印象的でした。

2015_12_20_1346.jpg

サンドヴァル氏の講座からの人の流れに乗って、クリニック最後のコンサート「Civic Orchestra of Chicago」の会場に移動すると、黒川氏と偶然に合流することができました。シカゴ交響楽団のトレーニング・オーケストラという位置付けのようですが、とても繊細で上品な素晴らしい演奏をみせてくれました。

2015_12_20_1345.jpg

4人のチューバ奏者と1人のチューバ奏者の録音(故アーノルド・ジェイコブスのものか?)が技巧的で美しいソロを披露した。

2015_12_20_1350.jpg

黒川氏は暖かい場所を求めてフロリダのオーランドへと発っていき、僕は徒歩15分弱と意外に近いチャイナ・タウンへと歩きました。そして、青島ビールとレタス入りチャーハンを注文。う〜ん、至福の時。青島ビールとチャーハンの2つさえあれば、世界中のどの国でも生きていけそう。

2015_12_20_1352.jpg

チャイナタウンらしい風景。この日は結構な寒さです(氷点下かも)。

2015_12_20_1353.jpg

レッドラインのチャイナタウンの駅から、中心部を望む。

2015_12_20_1354.jpg

駅からチャイナタウンの方を望む。

2015_12_20_1355.jpg

中心部に来ました。ホリデー・シーズンのせいか、中心部は銀座とか五番街のような混雑。超高層ビルが林立する大都会です。

2015_12_20_1356.jpg

Performers Musicというシブ〜い楽譜屋さんを見つけました。入ってみるとクラシック専門のようです。楽器別、カテゴリー別に細かく分類されていました。芸術の街なんですね。

2015_12_20_1359.jpg

そこで偶然見付けた本。未就学児童のためのドラムセット入門、とでも訳せようか。

2015_12_20_1360.jpg

中を見ると、スネア・タムなど、楽器によって音符が色分けされていたり、色シールが付属していたり、非常に興味深い内容。日本に帰ったら、ドラムの木村先生へのお土産にしよう。

2015_12_20_1358.jpg

今回泊まったホテルはこれ。ジンジャーブレッドで出来ています。途中でお腹が空いたら、自分の部屋の壁やドアをかじってもいいそうです。(ウソです)
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード