スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小曽根真&ゲイリー・バートン

18698071_1036978633103730_4381806296296454223_n.jpg

仕事を早く切り上げて小田原駅から終点北千住駅までロマンスします。

18835698_1036978629770397_6982113196404474774_n.jpg

18740011_1037055943095999_5491864404591558615_n.jpg

お花茶屋は僕が6歳まで生まれ育った町。

18766043_1037055949762665_6757685705633253803_n.jpg

そこを通り過ぎて、今日はコレで骨まで癒されます。我が心の師匠、小曽根真とゲイリーバートンのライブ!

18740427_1037055963095997_7255186083508222509_n.jpg

小曽根真&ゲイリー・バートン Tour 2017, Finalの初日(かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール)では、最初から最後まで圧倒的なパフォーマンスに魅了されました。ずっと全神経を集中させて聴いていましたが、疲れることのない、むしろ癒される音群。個人的に良かったのは、チック・コリアとゲイリー・バートン、そして弦楽四重奏が共演するアルバムに入っていたチック・コリアのオリジナル「Brasillia」をこの2人のデュオで聴けたこと、そして、それぞれのソロ演奏、小曽根真のTime Thread (For Bill Evans)、ゲイリー・バートンのBlame It on My Youthが聴けたことでしょうか。そして、最初のデュオ・アルバムに入っているTime Like Theseでコンサートをしめるとは。何て感動的なんだろう。

2017_05_30_5301.jpg

2017_05_30_5300.jpg

本日発売というゲイリー・バートンの自伝「Learning to Listen: The Jazz Journey of Gary Burton」の日本語訳を手に入れ、コンサート終了後のサイン会に並んだ。オレンジ色のフルート・ケースを差し出すと、小曽根さん「これ何の楽器?」「マレットが入っているんです」「このサインは誰?」「フィル・ウッズなんです!」「やっぱりそうだよね!」、ゲイリーさん「サクソフォンが入っているの?」「マレットです」「ゲイリー・バートン・モデル?」「もちろんそうです!」みたいなやりとり。フィル・ウッズと同じ銀色のマジックで快くサインしてくださいました。もう言うことなし。思い残すことはありません(!?) 心はすっかりバークリーにいた20代の頃に戻っていました。
プロフィール

studiocranberry

Author:studiocranberry
神奈川県開成町在住
ミュージックエイト 作・編曲家
開成ジュニアアンサンブル 代表
気象予報士(No.4095)
www.studiocranberry.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。